Main Content

matlab.io.hdfeos.sw.inqMaps

パッケージ: matlab.io.hdfeos.sw

swath の地理的位置の関係に関する情報

構文

[map,offset,increment] = inqMaps(swathID)

説明

[map,offset,increment] = inqMaps(swathID) は、次元のマッピング リスト、各地理的位置関係のオフセット、各地理的位置関係のインクリメントを返します。これらのマッピングはインデックス化されていません。map は cell 配列で、各要素にはスラッシュで区切られた各マッピングの次元名が含まれています。offsetincrement には、各地理的位置関係のオフセットとインクリメントが含まれています。

この関数は、HDF-EOS ライブラリの SWinqmaps ルーチンに相当します。

import matlab.io.hdfeos.*
swfid = sw.open('swath.hdf');
swathID = sw.attach(swfid,'Example Swath');
[dimmap,offset,increment] = sw.inqMaps(swathID);
sw.detach(swathID);
sw.close(swfid);