Main Content

matlab.io.hdfeos.sw.defVrtRegion

パッケージ: matlab.io.hdfeos.sw

単調フィールドまたは次元のサブセット

構文

regionID_out = defVrtRegion(swathID,regionID,vertObj,range)

説明

regionID_out = defVrtRegion(swathID,regionID,vertObj,range) は、単調フィールドまたは次元の連続要素をサブセット化します。defBoxRegiondefTimePeriod'Track' 次元に沿ってサブセット化しますが、このルーチンでは任意の次元に沿ってサブセット化することができます。regionID は、以前の呼び出しでサブセット化された領域を指定します。vertObj は、サブセット化するための次元を指定します。range は、vertObj の最大値と最小値を指定します。

現在サブセット化された領域がない場合には、regionID'noprevsub' となります。

vertObj は、次元またはフィールドのいずれかです。次元の場合、range は次元インデックスで構成されます。vertObj がフィールドに対応する場合は、range はフィールドの最大値と最小値で構成されます。この場合、vertObj は 1 次元であり、その値は単調でなければなりません。

この関数は、HDF-EOS ライブラリ C API の関数 SWdefvrtregion に相当します。

import matlab.io.hdfeos.*
swfid = sw.open('swath.hdf');
swathID = sw.attach(swfid,'Example Swath');
regionID = sw.defVrtRegion(swathID,'noprevsub','Bands',[450 600]);
data = sw.extractRegion(swathID,regionID,'Spectra');
sw.detach(swathID);
sw.close(swfid);