Main Content

matlab.io.hdf4.sd.setChunk

パッケージ: matlab.io.hdf4.sd

データセットのチャンク サイズと圧縮法を設定

構文

setChunk(sdsID,chunkSize,comptype,compparm)

説明

setChunk(sdsID,chunkSize,comptype,compparm) は、sdsID で指定されたデータセットを、chunkSize で指定されたチャンク サイズおよび comptypecompparm で指定された圧縮でチャンク化されたデータセットにします。comptype 入力は、以下の値のいずれかになります。

'none'圧縮なし
'skphuff'スキッピング ハフマン圧縮
'deflate'GZIP 圧縮
'rle'連長圧縮

  • comptype'none' または 'rle' の場合、 compparm を指定する必要はありません。

  • comptype'skphuff' の場合、compparm がスキップ サイズになります。

  • comptype'deflate' の場合、compparm が、deflate レベル (0 から 9 までの数字) になります。

この関数は HDF ライブラリ C API の関数 SDsetchunk に相当しますが、MATLAB® は FORTRAN スタイルの並べ替えを使用するので、chunkSize パラメーターは、C ライブラリ API とは逆の順序になります。

import matlab.io.hdf4.*
sdID = sd.start('myfile.hdf','create');
sdsID = sd.create(sdID,'temperature','double',[200 100]);
sd.setChunk(sdsID,[20 10],'skphuff',16);
sd.endAccess(sdsID);
sd.close(sdID);