ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

libisloaded

共有 C ライブラリの読み込み判定

説明

tf = libisloaded(libname) は、共有 C ライブラリ libname が読み込まれている場合、logical 1 (true) を返します。その他の場合は logical 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

shrlib サンプル フォルダーをパスに追加します。

addpath(fullfile(matlabroot,'extern','examples','shrlib'))

ライブラリがまだ読み込まれていなければ、読み込みます。

if ~libisloaded('shrlibsample')
   loadlibrary('shrlibsample')
end

終了したら、ライブラリをアンロードしてメモリを解放します。

unloadlibrary shrlibsample

入力引数

すべて折りたたむ

共有ライブラリの名前。文字ベクトルとして指定します。libname にパスやファイル拡張子は含めないでください。

alias オプションを使用して loadlibrary を呼び出す場合は、libname 引数に対して別名を使用しなければなりません。

データ型: char

R2006a より前に導入