ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

javaArray

Java 配列オブジェクトの作成

構文

ObjArr = javaArray(PackageName.ClassName,x1,...,xN)

説明

ObjArr = javaArray(PackageName.ClassName,x1,...,xN) は、指定した PackageName.ClassName クラスのオブジェクトの空の Java® 配列オブジェクトを作成します。javaArray によって作成された配列は、次の Java コードによって作成された配列と同じです。

A = new PackageName.ClassName[x1]...[xN];

すべて折りたたむ

java.lang.Double 型の 4 行 5 列の配列を作成します。

x1 = 4;
x2 = 5;
dblArray = javaArray('java.lang.Double',x1,x2);

値を入力します。

for m = 1:x1
    for n = 1:x2
        dblArray(m,n) = java.lang.Double((m*10) + n);
    end
end

結果を表示します。

dblArray
dblArray =

  java.lang.Double[][]:

    [11]    [12]    [13]    [14]    [15]
    [21]    [22]    [23]    [24]    [25]
    [31]    [32]    [33]    [34]    [35]
    [41]    [42]    [43]    [44]    [45]

入力引数

すべて折りたたむ

パッケージ名などの、Java クラスの名前。string または文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

配列の次元。整数として指定します。値がゼロの引数がある場合、javaArray は、指定された数の次元をもつ、長さがゼロの Java 配列を作成します。長さがゼロの Java 配列は、Java メソッドに渡されると Java null に変換される空の MATLAB® 配列とは異なります。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

次元が x1,...,xN の Java 配列。

詳細

すべて折りたたむ

Java 配列オブジェクト

Java 配列オブジェクトは、Java 次元をもつオブジェクトです。詳細については、MATLAB による Java 配列の表現方法を参照してください。

ヒント

R2006a より前に導入