ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

instrfind

メモリから MATLAB ワークスペースにシリアル ポート オブジェクトを読み込む

構文

out = instrfind
out = instrfind('PropertyName',PropertyValue,...)
out = instrfind(S)
out = instrfind(obj,'PropertyName',PropertyValue,...)

説明

out = instrfind はすべての正しいシリアル ポート オブジェクトを配列として out に返します。

out = instrfind('PropertyName',PropertyValue,...) はプロパティ名とプロパティ値が指定されたものと一致するシリアル ポート オブジェクトの配列を返します。

out = instrfind(S) はプロパティ名とプロパティ値が構造体 S で定義されたものと一致するシリアル ポート オブジェクトの配列を返します。S のフィールド名はプロパティ名で、フィールド値は関連したプロパティ値です。

out = instrfind(obj,'PropertyName',PropertyValue,...) はプロパティの名前と値のペアの一致の検索を obj でリストされているシリアル ポート オブジェクトに制限します。

Windows® プラットフォームで次の 2 個のシリアル ポート オブジェクトを作成するとします。

s1 = serial('COM1');
s2 = serial('COM2');
set(s2,'BaudRate',4800)
fopen([s1 s2])

関数 instrfind を使って、プロパティ値に基づいてシリアル ポート オブジェクトを返します。

out1 = instrfind('Port','COM1');
out2 = instrfind({'Port','BaudRate'},{'COM2',4800});

関数 instrfind を使用すると、クリアされたシリアル ポート オブジェクトを MATLAB® ワークスペースに返すこともできます。

clear s1 s2
newobjs = instrfind
   Instrument Object Array
   Index:   Type:          Status:     Name:  
   1        serial         open        Serial-COM1
   2        serial         open        Serial-COM2

s1s2 の両方を閉じるには、以下のようにします。

fclose(newobjs)

ヒント

関数 instrfind で使用できるシリアル ポート オブジェクト プロパティのリストは、プロパティ名とプロパティ値の表示を参照してください。

関数 get が返すものと同じ形式を使って、プロパティ値を指定しなければなりません。たとえば関数 getName プロパティ値を MyObject として返す場合、関数 instrfindmyobjectName プロパティ値をもつオブジェクトを検出しません。しかし、文字列値の有限の集合をもつプロパティに対して、大文字と小文字の区別を行いません。たとえば関数 instrfindEven または evenParity プロパティ値をもつオブジェクトを検出します。

関数 instrfind への呼び出しについて、プロパティ名/値、構造体、cell 配列を同じように使用できます。

参考

|

R2006a より前に導入