Main Content

inpolygon

多角形領域の内側またはエッジ上の点

説明

in = inpolygon(xq,yq,xv,yv)xqyq で指定したクエリ点が xvyv で定義された多角形領域の内側またはエッジ上にあるかどうかを示す in を返します。

[in,on] = inpolygon(xq,yq,xv,yv) はさらにクエリ点が多角形領域のエッジ上にあるかどうかを示す on を返します。

すべて折りたたむ

五角形と一連の点を定義します。そして、どの点が五角形の内側 (またはエッジ上) に存在するか判別します。

多角形の頂点の x 座標と y 座標を定義して五角形を作成します。

L = linspace(0,2*pi,6);
xv = cos(L)';
yv = sin(L)';

250 個のランダムなクエリ点の x 座標と y 座標を定義します。乱数発生器を初期化して randn の出力を反復可能にします。

rng default
xq = randn(250,1);
yq = randn(250,1);

各点が多角形領域の内側またはエッジ上にあるかどうか判定します。また、いずれかの点が多角形領域のエッジ上にあるかどうか判定します。

[in,on] = inpolygon(xq,yq,xv,yv);

多角形領域の内側またはエッジ上にある点の数を求めます。

numel(xq(in))
ans = 80

多角形領域のエッジ上にある点の数を求めます。

numel(xq(on))
ans = 0

多角形領域のエッジ上に点は存在しないため、xq(in), yq(in) で特定される 80 個の点はすべて厳密に多角形領域の内側にあります。

多角形領域の外側にある (内側やエッジ上ではない) 点の数を求めます。

numel(xq(~in))
ans = 170

多角形とクエリ点をプロットします。多角形の内側の点を赤いプラス記号で表示します。多角形の外側の点を青い円で表示します。

figure

plot(xv,yv) % polygon
axis equal

hold on
plot(xq(in),yq(in),'r+') % points inside
plot(xq(~in),yq(~in),'bo') % points outside
hold off

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type line.

正方形の穴をもつ正方形の内側の点を検出します。

正方形の穴をもつ正方形の領域を定義します。外側のループの頂点を反時計回りの方向で指定し、内側のループの頂点を時計回りの方向で指定します。NaN を使用して外側のループと内側のループの座標を分離します。

xv = [1 4 4 1 1 NaN 2 2 3 3 2];
yv = [1 1 4 4 1 NaN 2 3 3 2 2];

500 個のランダムな点の x 座標と y 座標を定義します。乱数発生器を初期化して randn の出力を反復可能にします。

rng default
xq = rand(500,1)*5;
yq = rand(500,1)*5;

各点が多角形領域の内側またはエッジ上にあるかどうか判定します。

in = inpolygon(xq,yq,xv,yv);

多角形とクエリ点をプロットします。多角形の内側の点を赤いプラス記号で表示します。多角形の外側の点を青い円で表示します。

figure

plot(xv,yv,'LineWidth',2) % polygon
axis equal

hold on
plot(xq(in),yq(in),'r+') % points inside
plot(xq(~in),yq(~in),'bo') % points outside
hold off

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type line.

正方形の穴の中のクエリ点は多角形の外側にあります。

星形五角形の x 座標と y 座標を定義します。

xv = [0.5;0.2;1.0;0;0.8;0.5];
yv = [1.0;0.1;0.7;0.7;0.1;1];

12 個のクエリ点の x 座標と y 座標を定義します。

xq = [0.1;0.5;0.9;0.2;0.4;0.5;0.5;0.9;0.6;0.8;0.7;0.2];
yq = [0.4;0.6;0.9;0.7;0.3;0.8;0.2;0.4;0.4;0.6;0.2;0.6];

各点が多角形領域の内側またはエッジ上にあるかどうか判定します。また、いずれかの点が多角形領域のエッジ上にあるかどうか判定します。

[in,on] = inpolygon(xq,yq,xv,yv);

多角形領域の内側またはエッジ上にある点の数を求めます。

numel(xq(in))
ans = 8

多角形領域のエッジ上にある点の数を求めます。

numel(xq(on))
ans = 2

多角形領域の外側にある (内側やエッジ上ではない) 点の数を求めます。

numel(xq(~in))
ans = 4

多角形と点をプロットします。多角形の厳密に内側の点を赤いプラス記号で表示します。エッジ上の点を黒いアスタリスクで表示します。多角形の外側の点を青い円で表示します。

figure

plot(xv,yv) % polygon

hold on
plot(xq(in&~on),yq(in&~on),'r+') % points strictly inside
plot(xq(on),yq(on),'k*') % points on edge
plot(xq(~in),yq(~in),'bo') % points outside
hold off

Figure contains an axes object. The axes object contains 4 objects of type line.

6 つの点が多角形の内側にあります。2 つの点が多角形のエッジ上にあります。4 つの点が多角形の外側にあります。

入力引数

すべて折りたたむ

クエリ点の x 座標。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

xq のサイズは yq のサイズと同じでなければなりません。

データ型: double | single

クエリ点の y 座標。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

yq のサイズは xq のサイズと同じでなければなりません。

データ型: double | single

多角形の頂点の x 座標。ベクトルとして指定します。

xv のサイズは yv のサイズと同じでなければなりません。

複数結合された多角形または結合されていない多角形の頂点を指定するには、NaN を使って個々のループの座標を分離します。また、複数結合された多角形では、外側のループと内側のループの頂点の向きを反対方向にしなければなりません。

自己交差やループの向きがあいまいなため、自己交差する複数結合の多角形になることはできません。

データ型: double | single

多角形の頂点の y 座標。ベクトルとして指定します。

yv のサイズは xv のサイズと同じでなければなりません。

複数結合された多角形または結合されていない多角形の頂点を指定するには、NaN を使って個々のループの座標を分離します。また、複数結合された多角形では、外側のループと内側のループの頂点の向きを反対方向にしなければなりません。

自己交差やループの向きがあいまいなため、自己交差する複数結合の多角形になることはできません。

データ型: double | single

出力引数

すべて折りたたむ

多角形領域の内側またはエッジ上の点のインジケーター。logical 配列として返されます。inxq および yq と同じサイズになります。

  • logical 1 (true) は、対応するクエリ点が多角形領域の内側または多角形の境界のエッジ上にあることを示します。

  • logical 0 (false) は、対応するクエリ点が多角形領域の外側にあることを示します。

このため、inxq および yq のインデックス付けに使用して、対象のクエリ点を特定できます。

xq(in), yq(in)多角形領域の内側またはエッジ上のクエリ点
xq(~in), yq(~in)多角形領域の外側のクエリ点

多角形領域のエッジ上の点のインジケーター。logical 配列として返されます。onxq および yq と同じサイズになります。

  • logical 1 (true) は、対応するクエリ点が多角形の境界上にあることを示します。

  • logical 0 (false) は、対応するクエリ点が多角形の境界の内側または外側にあることを示します。

このため、oninxq および yq のインデックス付けに使用して、対象のクエリ点を特定できます。

xq(on), yq(on)多角形境界上のクエリ点
xq(~on), yq(~on)多角形の境界の内側または外側のクエリ点
xq(in&~on), yq(in&~on)多角形領域の厳密に内側のクエリ点

拡張機能

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考