Main Content

cdflib.getVarCompression

変数で使用される圧縮に関する情報

構文

[ctype,cparams,percent] = cdflib.getVarCompression(cdfId, varNum)

説明

[ctype,cparams,percent] = cdflib.getVarCompression(cdfId, varNum) は、CDF (Common Data Format) ファイル内の変数に使用される圧縮に関する情報を返します。

入力引数

cdfId

関数 cdflib.create または関数 cdflib.open の呼び出しによって返される、CDF ファイル識別子。

出力引数

ctype

圧縮タイプを識別する文字ベクトル。圧縮タイプのリストについては、cdflib.setCompression を参照してください。

cparams

圧縮タイプで必要とされる追加パラメーター。

percent

パーセンテージで表される圧縮のレベルを示す数値。

例の CDF ファイルを開き、変数の圧縮設定を確認します。

cdfid = cdflib.open('example.cdf');

% Check the compression setting of any variable in the file
% The example checks the first variable (variable numbers are zero-based).
[ctype params percent] = cdflib.getVarCompression(cdfid,0)

ctype =

NO_COMPRESSION


params =

     []


percent =

   100

% Clean up
cdflib.close(cdfid);
clear cdfid

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFgetzVarCompression に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF のドキュメンテーションは CDF の Web サイトで参照できます。