Main Content

cdflib.delete

既存の CDF (Common Data Format) ファイルの削除

構文

cdflib.delete(cdfId)

説明

cdflib.delete(cdfId) は、識別子 cdfId によって指定された既存の CDF ファイルを削除します。CDF ファイルがマルチファイル形式の CDF である場合、関数 cdflib.delete も変数ファイル (.z0.z1 などのファイル拡張子をもつ) を削除します。

CDF ファイルを作成し、削除します。この例を実行するためには、書き込み可能なフォルダーに移動します。

cdfId = cdflib.create('mytempfile.cdf');

% Verify that the file was created.
ls *.cdf

mytempfile.cdf

% Delete the file.
cdflib.delete(cdfId)

% Verify that the file no longer exists.
ls *.cdf

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFdeleteCDF に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF のドキュメンテーションは CDF の Web サイトで参照できます。