Main Content

cdflib.setFormat

CDF (Common Data Format) ファイルの形式の指定

構文

cdflib.setFormat(cdfId,format)

説明

cdflib.setFormat(cdfId,format) は、CDF (Common Data Format) ファイルの形式を指定します。

入力引数

cdfId

関数 cdflib.create または関数 cdflib.open の呼び出しによって返される、CDF ファイル識別子。

format

CDF ファイルの形式。次の形式の値のいずれかを含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

'SINGLE_FILE'CDF は、1 つのファイルのみで構成されています。これは既定のファイル形式です。
'MULTI_FILE'CDF は、制御および属性データ用の 1 つのヘッダー ファイルと、CDF の各変数用の追加ファイルで構成されます。

数値を使用して format を指定することもできます。形式に等価な数値を取得するには、cdflib.getConstantValue を使用します。

CDF ファイルを作成し、その形式を指定します。この例を実行するには、現在のフォルダーへの書き込み権限が必要です。

cdfId = cdflib.create('mycdffile.cdf');

% Specify multifile format.
cdflib.setFormat(cdfId, 'MULTI_FILE');

% Check format.
 format = cdflib.getFormat(cdfId)

format =

MULTI_FILE

% Clean up
cdflib.delete(cdfId)
clear cdfId

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFsetFormat に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF のドキュメンテーションは CDF の Web サイトで参照できます。