Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

CI プラットフォーム上での MATLAB との継続的インテグレーション

さまざまな継続的インテグレーション (CI) プラットフォームを使用して、MATLAB® コードと Simulink® モデルを自動化されたタスクのパイプラインの一部として実行できます。さらに、MATLAB ユニット テスト フレームワークでは、テスト スイートとテスト ランナーを作成し、matlab.unittest.plugins パッケージのプラグイン クラスを使用して継続的インテグレーション ワークフロー用にテスト ランナーをカスタマイズすることができます。

継続的インテグレーションを使用して、ソフトウェアの実行とテストを促進するために、MATLAB は Azure® DevOps、CircleCI®、Jenkins® などの複数の CI プラットフォームとシームレスに統合されています。これらのプラットフォームを使用して、以下ができます。

  • パイプラインでの MATLAB のスクリプト、関数およびステートメントの実行。

  • MATLAB と Simulink のテストの実行、および JUnit テスト結果、Cobertura コード カバレッジ レポートなどのアーティファクトの生成。

CI プラットフォームに応じて、以下が必要です。

  • スクリプトまたはユーザー インターフェイスを使用してパイプラインを設定する。

  • MATLAB をオンプレミスまたはクラウドで実行するように、プラットフォームを設定する。

Azure DevOps

Azure DevOps 上で MATLAB との継続的インテグレーションを実行するには、Azure DevOps 構成への拡張をインストールします。パイプラインで MATLAB を実行するには、この拡張を使用して、リポジトリのルートの azure-pipelines.yml というファイルにパイプライン YAML を作成します。クラウドまたはセルフホスト エージェントでは、Linux® エージェントを使用してパイプラインを実行できます。詳細については、Visual Studio マーケットプレースの拡張を参照してください。

Bamboo

Bamboo® 上で MATLAB との継続的インテグレーションを実行するには、Bamboo CI サーバーにプラグインをインストールします。このプラグインには、MATLAB スクリプト、関数、ステートメントおよびテストをビルドの一部として実行するタスクが用意されています。詳細については、Continuous Integration with MATLAB on Bamboo を参照してください。

CircleCI

CircleCI 上で MATLAB との継続的インテグレーションを実行するには、自分の組織のセキュリティ設定で、サードパーティ製 Orb の使用をオプトインします。パイプラインで MATLAB を実行するには、適切な Orb をインポートして、リポジトリのルートの .circleci/config.yml というファイルにパイプライン YAML を作成します。クラウドでは、Linux machine Executor を使用してパイプラインを実行できます。詳細については、CircleCI Orb レジストリの Orb を参照してください。

GitHub Actions

GitHub® Actions で MATLAB との継続的インテグレーションを実行する際には、GitHub Actions がリポジトリで有効化されていることを確認してください。ワークフローで MATLAB を実行するには、リポジトリの .github/workflows ディレクトリでワークフローを定義するときに適切なアクションを使用します。クラウドまたはセルフホスト ランナーでは、Linux ランナーを使用してワークフローを実行できます。詳細については、Use MATLAB with GitHub Actions を参照してください。

Jenkins

Jenkins 上で MATLAB との継続的インテグレーションを実行するには、Jenkins エージェントにプラグインをインストールします。これにより、インターフェイスを使用して、フリースタイル プロジェクトとマルチ構成 (マトリックス) プロジェクトで MATLAB を実行できます。また、パイプラインをソース管理にチェックインしたコードとして構成することもできます。詳細については、Jenkins Plugins Index のプラグインを参照してください。

Travis CI

Travis CI で MATLAB との継続的インテグレーションを実行するには、リポジトリのルートの .travis.yml というファイルにパイプライン YAML を作成するときに、MATLAB 言語を指定します。クラウドでは、Linux エージェントを使用してパイプラインを実行できます。詳細については、Travis CI ドキュメント内での言語を参照してください。

その他のプラットフォーム

その他の CI プラットフォーム上で MATLAB との継続的インテグレーションを実行するには、パイプラインで -batch オプションを指定して matlab コマンドを使用します。matlab -batch を使用して、MATLAB のスクリプト、関数およびステートメントを非対話的に実行できます。たとえば、matlab -batch "myscript" は MATLAB を非対話的に起動して、myscript.m というファイル内のコマンドを実行します。指定されたスクリプト、関数またはステートメントが正常にエラーなしで実行された場合、MATLAB は終了コード 0 を出力して自動終了します。それ以外の場合、MATLAB は非ゼロの終了コードを出力して終了します。

参考

関連するトピック

外部の Web サイト