Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Python での MATLAB エンジン ワークスペースの使用

この例では、Python® で変数を MATLAB® エンジン ワークスペースに追加する方法を説明します。

エンジンを起動すると、MATLAB のすべての変数のコレクションへのインターフェイスがエンジンから提供されます。workspace という名前のこのコレクションは、エンジンに関連付けられる Python の辞書として実装されます。MATLAB の各変数名は、workspace 辞書におけるキーになります。workspace のキーは有効な MATLAB 識別子でなければなりません (例: 数字はキーとして使用できません)。変数は、Python のエンジン ワークスペースに追加してから、MATLAB 関数で使用することができます。

変数をエンジン ワークスペースに追加します。

import matlab.engine
eng = matlab.engine.start_matlab()
x = 4.0
eng.workspace['y'] = x
a = eng.eval('sqrt(y)')
print(a)
2.0

この例では、x は Python 変数としてのみ存在します。値が y というエンジン ワークスペースで新しいエントリに割り当てられて、MATLAB 変数を作成します。次に MATLAB で MATLAB 関数 eval を呼び出して sqrt(y) ステートメントを実行し、出力値 2.0 を Python に返します。

参考

|

関連するトピック