Main Content

macOS システムにおけるランタイム ライブラリ パスの設定

実行時に環境変数 DYLD_LIBRARY_PATH を設定して、API 共有ライブラリが置かれている場所をオペレーティング システムに対して指定します。値を matlabroot/bin/maci64:matlabroot/sys/os/maci64 に設定します。

使用するコマンドはシェルによって異なります。このコマンドは DYLD_LIBRARY_PATH の既存の値を置き換えます。DYLD_LIBRARY_PATH が既に定義されている場合は、既存の値の先頭に新しい値を付加します。

使用しているシステムに複数のバージョンの MATLAB® がインストールされている場合、エンジン アプリケーションのビルドに使用するバージョンは、システムの Path 環境変数リストの最初になければなりません。そうなっていない場合、MATLAB は「Can't start MATLAB engine」を表示します。

MATLAB を実行するたびにパスを設定します。あるいは、コマンドを MATLAB スタートアップ スクリプトに配置します。

C シェル

次のコマンド形式を使用してライブラリ パスを設定します。

setenv DYLD_LIBRARY_PATH matlabroot/bin/maci64:matlabroot/sys/os/maci64

たとえば、Mac システムの MATLAB R2015a では、次のようになります。

setenv DYLD_LIBRARY_PATH /Applications/MATLAB_R2015a.app/bin/maci64:/Applications/MATLAB_R2015a.app/sys/os/maci64

これらのコマンドを ~/.cshrc などのスタートアップ スクリプトに入れることができます。

Bourne シェル

次のコマンド形式を使用してライブラリ パスを設定します。

DYLD_LIBRARY_PATH=matlabroot/bin/maci64:matlabroot/sys/os/maci64:DYLD_LIBRARY_PATH 
export DYLD_LIBRARY_PATH

たとえば、Mac システムの MATLAB R2015a では、次のようになります。

DYLD_LIBRARY_PATH=/Applications/MATLAB_R2015a.app/bin/maci64:/Applications/MATLAB_R2015a.app/sys/os/maci64:$DYLD_LIBRARY_PATH
export DYLD_LIBRARY_PATH

これらのコマンドを ~/.profile などのスタートアップ スクリプトに入れることができます。

参考

外部の Web サイト