Main Content

C++ から MATLAB への列挙型の引き渡し

MATLAB® 列挙型メンバーを入力として必要とする MATLAB 関数を呼び出すには、列挙型メンバーを matlab::data::EnumArray として定義します。列挙型配列を作成するには、matlab::data::ArrayFactory を使用します。matlab::data::EnumArray には、MATLAB クラス名と 1 つ以上の列挙型メンバーが含まれています。MATLABEngine::setVariable を使用して、配列を変数として MATLAB ワークスペースに渡すこともできます。

メモ

matlab::data::EnumArray を MATLAB に渡すには、MATLAB パス上に名前付き MATLAB クラスが存在していなければなりません。

次の TextString を MATLAB で定義すると仮定します。このクラスは、TextColor という名前の特定の列挙型クラスであるプロパティを定義します。TextString クラス コンストラクターは、次の 2 つの入力引数を取ります。

  • Str — 1 行 n 列の char 配列

  • ColorTextColor クラスの列挙型メンバー

classdef TextString
    properties
        Str(1,:) char
        Color TextColor
    end
    methods
        function obj = TextString(str,color)
            if nargin == 2
                obj.Str = str;
                obj.Color = color;
            end
        end
    end
end

以下に、MATLAB の TextColor 列挙型クラスの定義方法を示します。

classdef TextColor
   enumeration
       Red
       Green
       Blue
   end
end

この MATLAB ステートメントは、文字ベクトルと列挙型メンバーをクラス コンストラクターに渡して TextString オブジェクトを作成します。

T = TextString('Any text string',TextColor.Blue);

次のサンプル コードは、MATLAB の TextString オブジェクトを作成してプロパティ値を表示します。TextString オブジェクトを作成するには、次を行います。

  • MATLAB 文字ベクトル引数のための matlab::data::CharArray を定義する。

  • MATLAB TextColor.Blue 列挙型引数のための matlab::data::EnumArray を定義する。

  • 引数ベクトルを MATLABEngine::feval に渡す。

  • MATLABEngine::getProperty を使用してプロパティ値を取得して値を表示する。

メモ

この例では、ここで説明されている MATLAB の TextString クラスと TextColor クラスを定義する必要があります。これらのクラスは、この例で使用される共有 MATLAB セッションのパス上になければなりません。

#include "MatlabDataArray.hpp"
#include "MatlabEngine.hpp"
#include <iostream>

void enumArray() {

    using namespace matlab::engine;

    // Connect to named shared MATLAB session started as:
    // matlab -r "matlab.engine.shareEngine('myMatlabEngine')"
  String session(u"myMatlabEngine");
  std::unique_ptr<MATLABEngine> matlabPtr = connectMATLAB(session);

    // Create MATLAB data array factory
    matlab::data::ArrayFactory factory;

    // Create enumeration array
    auto enumColor = factory.createEnumArray({ 1,1 }, "TextColor", { "Blue" });

    // Create argument vector
    std::vector<matlab::data::Array> args({
        factory.createCharArray("Any text string"),
        enumColor});

    // Call MATLAB TextString to create object
    matlab::data::Array T = matlabPtr->feval(u"TextString", args);

    // Get the value of the Str property
    matlab::data::CharArray c = matlabPtr->getProperty(T, u"Str");
    std::cout << "Str property value: " << c.toAscii() << std::endl;

    // Get the value of the Color property
    matlab::data::EnumArray col = matlabPtr->getProperty(T, u"Color");
    std::cout << "Color property class: " << col.getClassName() << std::endl;
    std::cout << "Color property value: " << std::string(col[0]) << std::endl;
}

以下にプログラム出力を示します。

Str property value: Any text string
Color property class: TextColor
Color property value: Blue

C++ エンジン プログラムを設定およびビルドする方法の詳細については、C++ エンジン プログラムのビルドを参照してください。

参考

| |

関連するトピック