Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C MEX ファイルにおける 8 ビット、16 ビット、32 ビット、および 64 ビット データの処理

C 行列 API には、符号付きおよび符号なしの 8 ビット、16 ビット、32 ビット、および 64 ビットのデータをサポートする一連の関数が用意されています。たとえば、関数 mxCreateNumericArray はデータが実装されていない N 次元の数値配列を、指定されたデータ サイズで作成します。詳細については、mxClassID を参照してください。

指定されたデータ型の、データが実装されていない MATLAB® 配列を作成した後、mxGetInt8smxGetComplexInt8s などの型付きデータ アクセス関数を使用してそのデータにアクセスできます。MEX ファイル内で 8 ビット、16 ビット、32 ビットまたは 64 ビットの精度のデータについて演算を行います。MATLAB は、結果のデータ クラスを正しく認識します。

doubleelement.c の例では 22 列の符号なし 16 ビット整数の行列を作成し、各要素を 2 倍して、両方の行列を MATLAB に返します。

この例をビルドするには、コマンド プロンプトで以下を入力します。

mex -R2017b doubleelement.c

例を呼び出します。

doubleelement
ans =
     2     6
     4     8

この関数の出力は 22 列の、符号なし 16 ビット整数が実装された行列です。

参考

| | |

関連するトピック