ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スプレッドシートでのカーソルの変更

この例では、Excel® スプレッドシートでカーソル アイコンを変更する方法を説明します。

Microsoft® Excel アプリケーションを実行する COM サーバーを作成します。

h = actxserver('Excel.Application');
h.Visible = 1;

Excel プログラムを開き、カーソルに注目します。

Cursor プロパティのオプションを表示します。これらの値は列挙値です。すなわち、プロパティが取り得るのはこれらの値のみです。

set(h,'Cursor')
ans =

  4×1 cell array

    'xlIBeam'
    'xlDefault'
    'xlNorthwestArrow'
    'xlWait'

カーソルを xlIBeam に変更します。

h.Cursor = 'xlIBeam';

プログラム内のカーソルに注目します。

カーソルをリセットします。

h.Cursor = 'xlDefault';

メモリ リークの発生を防ぐため、作成したワークブック オブジェクトを閉じます。

Quit(h)
delete(h)

関連するトピック