Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB での .NET デリゲートの呼び出し

この例は、MATLAB® でデリゲートを使用する方法を示しています。MATLAB 関数 (char) を使用してデリゲートを作成します。

C# アセンブリでのデリゲートの宣言

C# の例 NetDocDelegate.csmatlabroot/extern/examples/NET/NetSample フォルダーにあり、以下の例で使用するデリゲートを定義します。コードを表示するには、MATLAB エディターでファイルを開きます。この例を実行するには、MATLAB 例での .NET アプリケーションのビルドの説明のとおりに NetDocDelegate アセンブリをビルドします。

MATLAB へのデリゲートを含むアセンブリの読み込み

NetDocDelegate アセンブリが c:\work フォルダーにある場合、以下のコマンドでファイルを読み込みます。

dllPath = fullfile('c:','work','NetDocDelegate.dll');
NET.addAssembly(dllPath);

MATLAB 関数の選択

delInteger デリゲートは、整数の入力で文字列を返す任意のメソッドをカプセル化します。MATLAB 関数 char は、非負の整数を文字配列に変換しますが、これは delInteger デリゲートと一致するシグネチャをもちます。たとえば、以下のコマンドは ! 文字を表示します。

char(33)

MATLAB におけるデリゲートのインスタンスの作成

delInteger デリゲートのインスタンスを作成するには、関数 char の関数ハンドルを渡します。

myFunction = NetDocDelegate.delInteger(@char);

MATLAB におけるデリゲート インスタンスの呼び出し

関数 char の場合と同じように myFunction を使用します。たとえば、以下のコマンドは ! 文字を表示します。

myFunction(33)

参考

関連する例

詳細