Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Web ページとファイルのダウンロード

MATLAB® は、RESTful Web サービスからコンテンツを読み取るための 2 つの関数、webreadwebsave を提供します。関数 webread を使用すると、MATLAB ワークスペースの文字配列に Web ページの内容を読み取ることができます。関数 websave を使用すると、Web ページの内容をファイルに保存できます。

関数 webread ではワークスペースに文字配列を作成できるため、Web ページの内容を MATLAB で取り扱う際に役立ちます。関数 websave は、Web ページをローカル フォルダーに保存するのに便利です。

メモ:

webread が HTML を文字配列として返す場合、その特定の Web ページの HTML のみが取得されることに注意してください。ハイパーリンクのターゲットやイメージなどは取得されません。

Web ページにパラメーターを渡す必要がある場合、関数 webreadwebsave ではパラメーターを Name, Value のペアの引数として定義できます。詳細については、webread および websave のリファレンス ページを参照してください。

例 — 関数 webread の使用

以下の手順では、MATLAB Central™ File Exchange (https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange/) に提出されたファイルを一覧する Web ページの内容を取得する方法を示します。結果は文字配列 fullList に割り当てられます。

filex = 'https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange/';
fullList = webread(filex);

過去 7 日以内に File Exchange にアップロードされ、Simulink® という語を含むファイルのみのリストを取得します。webread が Web ページに渡すパラメーターとして、durationterm を設定します。

filex = 'https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange/';
recent = webread(filex,'duration',7,'term','simulink');

例 — 関数 websave の使用

次の例は前節の手順を基にしていますが、内容がファイルに保存されます。

% Locate the list of files at the MATLAB Central File Exchange
% uploaded within the past 7 days, that contain "Simulink."
filex = 'https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange/';

% Save the Web content to a file.
recent = websave('contains_simulink.html',filex, ...
    'duration',7,'term','simulink');

MATLAB によって、Web ページは contains_simulink.html として保存されます。出力引数 recent は、contains_simulink.html への絶対パスを含みます。関数 web を呼び出して contains_simulink.html をブラウザーに表示します。

web(recent)

このページには、MATLAB Central File Exchange にアップロードされたファイルへのリンクがあります。