Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフィックス オブジェクトの変更

この例では、MATLAB® でグラフィックス オブジェクトを作成、表示、変更する方法を示します。

グラフィックス オブジェクト

MATLAB でプロットを作成すると、一連のグラフィックス オブジェクトが作成されます。figure、axes、line、patch、text などがグラフィックス オブジェクトの例です。次の Figure には、axes、line、text の 3 つのグラフィックス オブジェクトがあります。オプションの出力引数を使用して、作成されたグラフィックス オブジェクトを保存します。

x = -pi:pi/20:pi;
y = sin(x);

f = figure;
p = plot(x,y);
txt1 = text(0.2,0,'sin(x)');

すべてのグラフィックス オブジェクトには、表示および変更可能なプロパティがあります。こうしたプロパティには既定値があります。line オブジェクト p を表示すると、ColorLineStyleLineWidth など、最もよく使用されるライン プロパティが示されます。

p
p = 
  Line with properties:

              Color: [0 0.4470 0.7410]
          LineStyle: '-'
          LineWidth: 0.5000
             Marker: 'none'
         MarkerSize: 6
    MarkerFaceColor: 'none'
              XData: [1x41 double]
              YData: [1x41 double]
              ZData: [1x0 double]

  Show all properties

MATLAB では、オブジェクトを作成するコマンドにセミコロンがない場合も同様に表示されます。

txt2 = text(x(end), y(end), 'pi')

txt2 = 
  Text (pi) with properties:

                 String: 'pi'
               FontSize: 10
             FontWeight: 'normal'
               FontName: 'Helvetica'
                  Color: [0 0 0]
    HorizontalAlignment: 'left'
               Position: [3.1416 1.2246e-16 0]
                  Units: 'data'

  Show all properties

グラフィックス オブジェクト プロパティの取得

グラフィックス オブジェクトの個々のプロパティにアクセスするには、ドット表記構文 object.PropertyName を使用します。たとえば、line オブジェクトの LineWidth プロパティを返します。

pcol = p.LineWidth
pcol = 0.5000

ラインの色を赤に変更するには、その Color プロパティを設定します。

p.Color = 'red';

親と子

MATLAB では、グラフィックス オブジェクトが階層的に構成されています。階層の最上位は、"グラフィックス ルート" と呼ばれる特別なオブジェクトです。グラフィックス ルートにアクセスするには、関数 groot を使用します。

groot
ans = 
  Graphics Root with properties:

          CurrentFigure: [1x1 Figure]
    ScreenPixelsPerInch: 100
             ScreenSize: [1 1 1280 1024]
       MonitorPositions: [1 1 1280 1024]
                  Units: 'pixels'

  Show all properties

すべてのグラフィックス オブジェクト (ルートを除く) には親があります。たとえば、axes の親は figure です。

ax = gca;
ax.Parent
ans = 
  Figure (1) with properties:

      Number: 1
        Name: ''
       Color: [0.9400 0.9400 0.9400]
    Position: [348 480 583 437]
       Units: 'pixels'

  Show all properties

多くのオブジェクトには子もあります。この axes には、2 つの text オブジェクトと 1 つの line オブジェクトという 3 つの子があります。

ax.Children
ans = 
  3x1 graphics array:

  Text    (pi)
  Text    (sin(x))
  Line

axes には複数の子があるため、Children プロパティの値はグラフィックス オブジェクトの配列になります。axes の子に個別にアクセスするには、この配列にインデックスを付けます。これにより、子オブジェクトのプロパティを設定できるようになります。

t = ax.Children(2);       % get the 'sin(x)' text object
t.FontWeight = 'bold';    % set the font to bold

グラフィックス オブジェクト配列の事前割り当て

MATLAB では、配列を使用する前の事前割り当てをお勧めしています。グラフィックス オブジェクトの配列に事前の割り当てを行うには、gobjects コマンドを使用します。これにより、グラフィックス オブジェクトを配列に追加できるようになります。

objarray = gobjects(1,5);
objarray(1) = f;
objarray(2) = ax;
objarray(3) = p;
objarray(4) = txt1;
objarray(5) = txt2;
objarray
objarray = 
  1x5 graphics array:

    Figure    Axes      Line      Text      Text  

すべてのオブジェクト プロパティの取得

MATLAB のグラフィックス オブジェクトには多数のプロパティがあります。オブジェクトのすべてのプロパティを確認するには、get コマンドを使用します。

get(f)
                 Alphamap: [1x64 double]
             BeingDeleted: off
               BusyAction: 'queue'
            ButtonDownFcn: ''
                 Children: [1x1 Axes]
                 Clipping: on
          CloseRequestFcn: 'closereq'
                    Color: [0.9400 0.9400 0.9400]
                 Colormap: [256x3 double]
              ContextMenu: [0x0 GraphicsPlaceholder]
                CreateFcn: ''
              CurrentAxes: [1x1 Axes]
         CurrentCharacter: ''
            CurrentObject: [0x0 GraphicsPlaceholder]
             CurrentPoint: [0 0]
                DeleteFcn: ''
             DockControls: on
                 FileName: ''
        GraphicsSmoothing: on
         HandleVisibility: 'on'
            InnerPosition: [348 480 583 437]
            IntegerHandle: on
            Interruptible: on
           InvertHardcopy: on
              KeyPressFcn: ''
            KeyReleaseFcn: ''
                  MenuBar: 'none'
                     Name: ''
                 NextPlot: 'add'
                   Number: 1
              NumberTitle: on
            OuterPosition: [344 476 591 464]
         PaperOrientation: 'portrait'
            PaperPosition: [1.3350 3.3150 5.8300 4.3700]
        PaperPositionMode: 'auto'
                PaperSize: [8.5000 11]
                PaperType: 'usletter'
               PaperUnits: 'inches'
                   Parent: [1x1 Root]
                  Pointer: 'arrow'
        PointerShapeCData: [16x16 double]
      PointerShapeHotSpot: [1 1]
                 Position: [348 480 583 437]
                 Renderer: 'opengl'
             RendererMode: 'auto'
                   Resize: on
               Scrollable: off
            SelectionType: 'normal'
           SizeChangedFcn: ''
                      Tag: ''
                  ToolBar: 'none'
                     Type: 'figure'
                    Units: 'pixels'
                 UserData: []
                  Visible: off
      WindowButtonDownFcn: ''
    WindowButtonMotionFcn: ''
        WindowButtonUpFcn: ''
        WindowKeyPressFcn: ''
      WindowKeyReleaseFcn: ''
     WindowScrollWheelFcn: ''
              WindowState: 'normal'
              WindowStyle: 'normal'
                 XDisplay: ':104'