Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

工場出荷時のプロパティ値

グラフィックス オブジェクトのプロパティはすべて、MATLAB® によって定義されます。プロパティ値を引数または既定値として指定しない場合は、これらの値がプロット関数で使用されます。すべての出荷時設定値の一覧を生成するには、次のステートメントを使用します。

a = get(groot,'Factory');

get は、構造体配列を出力します。これは、フィールド名がオブジェクト タイプとプロパティ名を連結したものであり、フィールド値は指定されたオブジェクトとプロパティに対して、出荷時に設定される値を含んでいます。たとえば、次のフィールド

factoryAxesVisible: 'on'

は、axes オブジェクトの Visible プロパティの出荷設定値が on であることを示します。

個々のプロパティの出荷時の設定値は、以下によって取り出すことができます。

get(groot,'factoryObjectTypePropertyName')

以下に例を示します。

get(groot,'factoryTextFontName')