Main Content

等高線図の塗りつぶし色の変更

この例では、等高線図の塗りつぶしに使用する色を変更する方法を説明します。

カラーマップの変更

カラーマップを変更して、塗りつぶしを使った等高線図の色を設定します。事前定義済みのカラーマップ名 hot を関数 colormap に渡します。

[X,Y,Z] = peaks;
figure
contourf(X,Y,Z,20)
colormap(hot)
title('Hot Colormap')

Figure contains an axes object. The axes object with title Hot Colormap contains an object of type contour.

カラーマップへのデータ値のマッピングの制御

行列 Z の値の範囲よりもかなり大きい範囲にカラーマップの範囲を設定することで、hot カラーマップの中心にある色だけを使用します。関数 clim は、カラーマップへのデータ値のマッピングをコントロールします。この関数を使用して、カラーマップの範囲を設定します。

clim([-20,20])
title('Center of Hot Colormap')

Figure contains an axes object. The axes object with title Center of Hot Colormap contains an object of type contour.

R2022a より前の場合は、caxis([-20 20]) を使用してカラーマップの範囲を変更します。

参考

| |