Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mxCreateCharArray (C)

C 構文

#include "matrix.h"
mxArray *mxCreateCharArray(mwSize ndim, const mwSize *dims);

説明

mxCreateCharArray を使用して N 次元の mxChar 配列を作成し、各要素を NULL に設定します。

MATLAB® は、dims 引数に指定されている、後に続く大きさが 1 の次元を自動的に削除します。たとえば、ndim5dims[4 1 7 1 1] である場合、結果の配列には 4 x 1 x 7 の次元が含まれます。

入力引数

すべて展開する

次元数。mwSize として指定します。0、1、または 2 を指定した場合、mxCreateCharArray は 2 次元の mxArray を作成します。

次元配列。const mwSize * として指定します。

次元配列の各要素には、その次元の配列のサイズが含まれています。たとえば、57 列の配列を作成するには、dims[0] を 5 に、dims[1] を 7 に設定します。

通常、配列 dims には ndim 個の要素が含まれます。

出力引数

すべて展開する

mxChar 型の mxArray へのポインター。mxArray * として指定します。

関数は、mxArray を作成するのに十分な空きヒープ領域がない場合、失敗します。

  • MEX ファイル — 関数は MEX ファイルを終了し、制御を MATLAB プロンプトに戻します。

  • スタンドアロン (非 MEX ファイル) アプリケーション — 関数は NULL を返します。

R2006a より前に導入