Main Content

remotemjs

(削除済み) トランスポート プロトコルにより 1 つ以上のリモート ホストで mjs コマンドを実行

remotemjs は削除されました。代わりに ssh を使用してください。詳細については、バージョン履歴を参照してください。

構文

remotemjs <mjs options> <flags> <protocol options>

説明

remotemjs <mjs options> <flags> <protocol options> を使用して、1 つ以上のリモート ホスト上で mjs サービスを実行できます。

mjs サービスの説明は、mjs のリファレンス ページを参照してください。

次の表は、サポートされるフラグおよびオプションの説明です。同一のコマンド内で複数のフラグを組み合わせることができます。それぞれのフラグの前にはダッシュ (-) を付けます。

フラグとオプション操作
<mjs options>startstop などの mjs コマンドのオプションと引数。一覧は、mjs のリファレンス ページを参照してください。
-matlabroot <installfoldername>リモート ホスト上の MATLAB® インストール フォルダー。リモートのインストール フォルダーがローカル マシン上のものと異なる場合にのみ必要です。
-remotehost host1[,host2[,...]mjs コマンドを実行するホストの名前。ホスト名はコンマで区切り、空白は使用しません。これは必須の引数です。
-remoteplatform { unix | windows } リモート ホストのプラットフォーム。このオプションは、ローカル プラットフォームと異なる場合にのみ必要です。
-quiet不足している情報を求める mjs によるプロンプトの表示を防ぎます。必要な情報がすべて指定されていないとコマンドは失敗します。
-helpヘルプ情報を出力します。
-protocol <type>

特定のプロトコル タイプが使われるようにします。必要なすべてのパラメーターを使用してプロトコル タイプを指定すると、対話型のプロンプトが回避され、スクリプトで使用できます。

サポートされるプロトコル タイプは、ssh および winsc です。

ある特定のプロトコル タイプに関する詳細情報を取得するには、次を入力します。

remotemjs -protocol <type> -help

以下に例を示します。

remotemjs -protocol winsc -help

winsc プロトコルを使用するには、リモート ホスト上で管理者権限をもつユーザーとしてログインする必要があります。

<protocol options>使用されているプロトコル タイプの特定のオプションを指定します。

メモ

Microsoft® Windows® オペレーティング システム上で OpenSSH を使用している場合は、コマンド オプションでパス名にバックスラッシュを使用していると問題が発生することがあります。ほとんどの場合、代わりにスラッシュを使用するとこの問題を回避できます。たとえば、ファイル C:\temp\mjs_def.bat を指定するには、C:/temp/mjs_def.bat にします。

同じプラットフォームの 3 台のリモート マシン上でクライアントとして mjs を開始します。

remotemjs start -remotehost hostA,hostB,hostC

1 台の Windows オペレーティング システム マシンから ssh プロトコルを使用し、2 台の UNIX® オペレーティング システム マシン上のクリーンアップされた状態で mjs を開始します。以下のコマンドを 1 行で入力します。

remotemjs start -clean -matlabroot /usr/local/matlab
 -remotehost unixHost1,unixHost2 -remoteplatform UNIX
 -protocol ssh

バージョン履歴

すべて展開する

参考