Main Content

ライセンス サーバーとクラウド上の MATLAB との接続

既にオンプレミスのライセンス サーバーをお持ちの場合、クラウドで実行している MATLAB® を既存のサーバーで実行しているネットワーク ライセンス マネージャーに接続できます (代わりに、ネットワーク ライセンス マネージャーをクラウドで実行する場合の詳細については、クラウド プラットフォームの MATLAB のためのライセンス マネージャーの構成を参照してください)。

注意

ネットワーク ライセンス マネージャーをインストールする際は、以下の推奨事項に従います。

  • ネットワーク ライセンス マネージャーの実行コマンドを、インターネットまたは信頼されていないネットワークに露出しない。

  • シャットダウン手順の実行にローカル管理者のアクセス権が必要になるように、ネットワーク ライセンス マネージャーを起動する。ネットワーク ライセンス マネージャーの起動の手順を参照してください。

ライセンス サーバーの設定

サーバーの変更を行います。

  1. オンプレミスのライセンス サーバーで、MATLAB を実行するクラウドのマシンがオンプレミスのサーバーと通信できるように安全な接続を有効にしなければなりません。VPN または直接接続を使用し、サーバーのポートが開いていることを確認します。ライセンス マネージャーは 27000 ~ 27009 の任意のポートで実行するか、network.lic ファイルの SERVER 行で指定された特定のポートで実行できます。

  2. network.lic ファイルで、DAEMON 行を編集してポート番号を含めます。ポートが開いていることを確認します。

    その他のサポートが必要な場合は、サポートにお問い合わせください。それ以外の場合は、次の手順に進みます。

MATLAB を実行するマシンの設定

  1. オンライン ライセンスを無効にします。

    クライアント マシンで license_info.xml を探し、別の名前に変更します。ライセンス ファイルは、通常は $MATLAB/licenses にあります。$MATLAB は MATLAB のルートです。

  2. サーバーを指すライセンス ファイルを作成します。

    1. サーバーでネットワーク ライセンス ファイル (license.dat) を開きます。

    2. SERVER 行を新しいテキスト ファイルにコピーします。

    3. その下に USE_SERVER を追加します。ファイルは次のようになります。

      SERVER Server1 0123abcd0123 12345
      USE_SERVER 
    4. 新しいテキスト ファイルを network.lic という名前で $MATLAB/licenses フォルダーに保存します。$MATLAB は MATLAB のルートです。

  3. MATLAB を実行して、ライセンスがサーバーを正しく指していることを確認します。

この手順はこれで完了です。その他のサポートが必要な場合は、サポートにお問い合わせください

関連するトピック