ドキュメンテーション

コンカレント ライセンスの管理

重要な管理タスク

コンカレント ライセンスを使用すると、ネットワークにアクセスできるユーザーは誰でも MathWorks® 製品を使用できるようになります。ネットワーク ネームド ユーザー ライセンスのように、特定のネームド ユーザーにアクセスが限定されることはありません。コンカレント ライセンスでは、ライセンス キーを使用してアクセスを制御します。ユーザーは MATLAB® を起動したとき、もしくは他の製品の関数を使用したときに、ライセンス キーをチェックアウトします。特定の製品のキーがすべてチェックアウトされると、ネットワーク ライセンス マネージャーがそれ以降の要求を拒否します。

コンカレント ライセンスのライセンス管理者の主な目標は、製品へのアクセスしやすさを最適化するインストールを設定することです。コンカレント ライセンスの管理に必要な基本タスクは次のとおりです。

  1. ユーザー用の製品設定方法を決定する — 複数の設定方法が使用できます。ユーザーが各自のコンピューターに MATLAB をインストールするか、ネットワーク経由で MATLAB にアクセスするかを決定します。ネットワーク構成の設計 を参照してください。

  2. 構成に必要なコンピューターにソフトウェアをインストールする — ファイル サーバーにネットワーク ライセンス マネージャーをインストールし、構成に従ってファイル サーバーまたはクライアント システムに MathWorks 製品をインストールしなければなりません。MathWorks インストーラーを使用するとこれらのすべてのインストールを実行できます。コンカレント ライセンスでのソフトウェアのインストール を参照してください。

ネットワーク構成の設計

MathWorks では、ネットワーク インストールに Flexera Software, Inc. のネットワーク ライセンス マネージャー プログラムを使用します。ネットワーク インストールを設定するには、このライセンス マネージャーをインストールしてから MathWorks 製品をインストールしなければなりません。どちらのインストールを実行する場合も MathWorks インストーラーを使用します。既に確立されているライセンス管理スキームに MathWorks 製品を統合する場合は、MathWorks ライセンス管理デーモンをシステムにコピーできます。

MATLAB のネットワーク インストールを実行する前に、設定する構成のタイプを決定します。それにより、インストールを実行する回数が決まります。この節では、これらのオプションについて説明します。

リモート クライアント アクセス構成の設定

"リモート クライアント アクセス" 構成では、クライアント システムのユーザーがファイル サーバーの MATLAB、および別のライセンス サーバーのライセンスにアクセスします。リモート クライアント アクセス構成の設定のサポートについては、カスタマー サポートにお問い合わせください。

リモート クライアント アクセス構成では、MATLAB のネットワーク コピーへのショートカットを設定し、MATLAB の既定の起動フォルダーを指定するスクリプトをクライアントに渡すと便利です。

ローカル クライアント アクセス構成の設定

"ローカル クライアント アクセス" 構成では、ネットワーク ライセンス マネージャーをサーバーにインストールし、MATLAB を各クライアント システムにインストールします。クライアント システム上のユーザーが MATLAB を起動すると、MATLAB はネットワークを経由してライセンス マネージャーに接続し、ライセンス キーをチェックアウトします。次の図は、構成の例を示しています。

クライアント システムに MathWorks 製品をインストールするには、基本的なネットワーク インストールと同じ手順を実行します。インストールの違いについては、インストールに関するドキュメンテーションで説明しています。

関連するトピック