最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージのガイド付きフィルター処理とは

関数 imguidedfilter は、フィルター処理に影響を及ぼす "ガイド イメージ" と呼ばれる第 2 のイメージの内容を使用して、イメージのエッジ保存平滑化を実行します。ガイド イメージとして使用できるのは、対象のイメージ自体、別バージョンのイメージ、まったく異なるイメージのいずれかです。イメージのガイド付きフィルター処理は、他のフィルター処理と同様に近傍演算ですが、出力ピクセルの値を計算するときに、ガイド イメージ内の対応する空間近傍にある領域の統計を考慮します。

ガイド イメージがフィルター処理されるイメージと同じである場合、構造は同じです。つまり、元のイメージのエッジはガイド イメージでも同じということです。ガイド イメージが異なる場合は、ガイド イメージ内の構造がフィルター処理されるイメージに影響し、これらの構造は元のイメージに刷り込まれます。この効果は "構造転写" と呼ばれます。

参考

関連するトピック