Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

read

denoisingImageDatastore からデータを読み取る

説明

data = read(dnimds) は、ノイズ除去イメージ データストア dnimds からデータのバッチを返します。関数 read の後続の呼び出しでは、直前の呼び出しのエンドポイントから引き続き読み取ります。

[data,info] = read(dnimds) は、メタデータを含む抽出データに関する情報も、info に返します。

入力引数

すべて折りたたむ

ノイズ除去イメージ データストア。denoisingImageDatastore オブジェクトとして指定します。データストアは、各バッチの観測値の MiniBatchSize (Deep Learning Toolbox) 数および観測値の合計数 numObservations (Deep Learning Toolbox) を指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

出力データ。MiniBatchSize 行数を含むテーブルとして返されます。

データストア dnimds のデータの最終バッチでは、numObservationsMiniBatchSize できれいに割り切れない場合、read はデータストアに残っているすべての観測値を含む部分バッチを返します。

読み取りデータに関する情報。構造体配列として返されます。構造体配列には次のフィールドを含むことができます。

フィールド名説明
CurrentFileIndicesノイズ除去イメージ データストアの現在の読み取りインデックス。

R2018a で導入