Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

readByIndex

denoisingImageDatastore からインデックスで指定されたデータを読み取る

説明

data = readByIndex(dnimds,ind) は、ノイズ除去イメージ データストア dnimds から観測値のサブセットを返します。目的の観測値はインデックス ind で指定されます。

[data,info] = readByIndex(dnimds,ind) は、メタデータを含む観測値に関する情報も、info に返します。

入力引数

すべて折りたたむ

ノイズ除去イメージ データストア。denoisingImageDatastore オブジェクトとして指定します。

観測値のインデックス。正の整数のベクトルとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

データストアからの観測値。length(ind) 行数を含むテーブルとして返されます。

読み取りデータに関する情報。構造体配列として返されます。構造体配列には次のフィールドを含むことができます。

フィールド名説明
CurrentFileIndicesノイズ除去イメージ データストアのすべての読み取りファイルのインデックスを含む数値ベクトル。

R2018a で導入