Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

1 ビットのバイナリ イメージの読み取りと書き込み

この例では、1 ビットのバイナリ イメージの読み取りおよび書き込みの方法を説明します。

バイナリ イメージを含んでいるグラフィックス ファイル text.png のビット深度を確認します。ファイルにはバイナリ イメージが 1 ビット形式で格納されています。

info = imfinfo('text.png');
info.BitDepth
ans = 1

バイナリ イメージをファイルからワークスペースに読み取ります。1 ビット形式で格納されたバイナリ イメージを読み取る場合、関数 imread ではワークスペースのデータを logical 配列として表します。

BW = imread('text.png');
whos
  Name        Size             Bytes  Class      Attributes

  BW        256x256            65536  logical              
  ans         1x1                  8  double               
  info        1x1               4566  struct               

バイナリ イメージを 1 ビット形式でファイルに書き込みます。ファイル形式によってサポートされている場合、既定の設定では関数 imwrite はバイナリ イメージを 1 ビット イメージとしてエクスポートします。これを確認するため、imfinfo を使用して新しく作成したファイルに関する情報を取得し、BitDepth フィールドをチェックします。バイナリ ファイルを書き込む場合、imwrite では ColorType フィールドを grayscale に設定します。

imwrite(BW,'test.tif');
info = imfinfo('test.tif');
info.BitDepth
ans = 1

参考

| |

関連するトピック