Main Content

Iddata Sink

シミュレーション データを iddata オブジェクトとして MATLAB ワークスペースにエクスポート

  • ライブラリ:
  • System Identification Toolbox

  • Iddata Sink block

説明

Iddata Sink ブロックは、シミュレーション データを iddata オブジェクトとして MATLAB® ワークスペースにエクスポートします。このオブジェクトには、指定したサンプル時間にサンプリングされた入力信号およびシミュレートされた出力信号が格納されます。モデルをモデル ウィンドウからシミュレートする場合、このブロックはオブジェクトを MATLAB ベース ワークスペースにエクスポートします。モデルをプログラムでシミュレートする場合、オブジェクトは MATLAB 呼び出し側のワークスペースにエクスポートされます。呼び出し側のワークスペースは、現在実行中の関数を呼び出した関数のワークスペースです。

端子

入力

すべて展開する

iddata オブジェクトの入力。単入力データのスカラーとして指定します。Nu 入力をもつマルチチャネル データの場合は、Input を長さ Nu のベクトルとして指定します。

データ型: double

iddata オブジェクトの出力。単出力データのスカラーとして指定します。Ny 出力をもつマルチチャネル データの場合は、Output を長さ Ny のベクトルとして指定します。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

iddata オブジェクトの名前。MATLAB 変数名として指定します。オブジェクトは、この名前で MATLAB ワークスペースにエクスポートされます。

サンプル時間 (秒単位)。有限の正の数値として指定します。iddata オブジェクトには、指定したサンプル時間にサンプリングされた入力信号および出力信号が格納されます。

バージョン履歴

R2008a で導入