Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

waitForHdlClient

指定したイベントIDを取得するかタイムアウトするまで待つ

説明

pID = waitForHdlClient(timeout,eventID) は、処理を続行する前に、予想される HDL シミュレーターeventIDがMATLAB®サーバーに到着するのを待ちます。eventIDで指定された秒数よりも前に、予期したtimeOut が到着した場合、HDL シミュレーターによって返される値は、HDL シミュレーターのプロセス ID (PID) です。

pID = waitForHdlClient(timeout)は、 eventID = 1timeOut秒間待ちます。

pID = waitForHdlClientは、 eventID = 160秒間待ちます。

指定したイベントIDを取得するかタイムアウトになるまで待つ

イベント ID 2 を 120 秒間待ちます。

>> ID = waitForHdlClient(120,2);

入力引数

すべて折りたたむ

HDL シミュレーターからの応答を待機する秒数。正のスカラーとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

MATLABサーバーで予期されるイベント ID。スカラーまたはベクトルとして指定します。 eventID は、 32 ビット符号付き整数の最大値より小さい正の数でなければなりません。値は、HDL シミュレーターのnotifyMatlabServerコマンドによって送信されるイベント ID と一致する必要があります。

ベクトルとして指定すると、関数はベクトルのすべての要素が収集されたとき、またはタイムアウトが発生したときに値を返します。返される出力値はeventIDと同じサイズで、出力変数の各要素は、イベント ID に対応する HDL シミュレーターの検出されたpIDです。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

HDL シミュレーターのプロセス ID。スカラーまたはベクトルとして返されます。タイムアウトが発生した場合、 pID-1として返されます。出力値はeventIDの値によって異なります。

eventID

pID

scalar

この関数は、HDL シミュレーターの検出された PID を表すスカラーを返します。

vector

この関数は、 eventIDと同じサイズのベクトルを返します。出力ベクトルの各要素は、HDL シミュレーターの検出された PID です。出力は、ベクトルのすべての要素が収集された場合、またはタイムアウトが発生した場合にのみ返されます。

バージョン履歴

R2012b で導入