Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

HDL ワークフロー アドバイザー

概要

HDL ワークフロー アドバイザーは、浮動小数点 MATLAB® アルゴリズムの固定小数点アルゴリズムへの変換を含め、ASIC と FPGA の設計プロセスにおけるさまざまなステージをカバーする一連のタスクをサポートするツールです。コードの検証やチェックを実行するタスクや、HDL コード ジェネレーターまたはサードパーティ製のツールを実行するタスクがあります。HDL ワークフロー アドバイザーの最上位の各フォルダーには、一連の関連するタスクが含まれており、これらのタスクを選択して実行できます。

HDL ワークフロー アドバイザーでは次のことができます。

  • 浮動小数点 MATLAB アルゴリズムの固定小数点アルゴリズムへの変換。

    既に固定小数点 MATLAB アルゴリズムがある場合は、[設計には固定小数点への変換が必要ですか?][いいえ] に設定してこの手順をスキップします。

  • 固定小数点 MATLAB アルゴリズムからの HDL コードの生成。

  • サードパーティ製のシミュレーション ツールを使用した HDL コードのシミュレーション。

  • HDL コードを合成し、合成された論理設計をターゲット FPGA にマッピングする処理の実行。

  • 前のマッピング処理で生成された回路記述を入力として使用する配置配線処理の実行と、FPGA プログラミングに適した回路記述の出力。

手順

タスクを自動的に実行する.  フォルダー内のタスクを自動的に実行するには、次の手順に従います。

  1. [実行] ボタンをクリックします。タスクが失敗するまで、順番に実行されます。

    または、フォルダーを右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。コンテキスト メニューから [実行] を選択して、フォルダー内のタスクを実行します。

  2. フォルダー内のタスクの実行に失敗した場合は、次の手順に従います。

    1. [結果] ペインの情報を使用してエラーを修正します。

    2. [実行] ボタンをクリックして実行を続行します。

タスクを個別に実行する.  タスクを個別に実行するには、次の手順に従います。

  1. [実行] ボタンをクリックします。

    または、タスクを右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。コンテキスト メニューから [実行] を選択して、選択したタスクを実行します。

  2. 結果を確認します。結果は、次のようになります。

    パス: 次のタスクに進みます。
    警告: 結果を確認し、次に進むか修正するかを決定します。
    失敗: 結果を確認し、修正してから次に進みます。

  3. 必要に応じて、[結果] ペインの情報を使用して問題を修正します。

  4. [警告] または [失敗] のタスクを修正したら、[実行] をクリックしてタスクを再実行します。

選択したタスクまで実行.  現在選択しているタスクを含む、そのタスクまでのすべてのタスクを実行するには、以下の手順に従います。

  1. 実行する最後のタスクを選択します。

  2. このタスクを右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。

  3. コンテキスト メニューから [選択したタスクまで実行] を選択します。

メモ

選択しているタスクより前のタスクが失敗した場合、ワークフロー アドバイザーはその失敗したタスクで実行を停止します。

タスクのリセット.  タスクをリセットするには、次の手順に従います。

  1. リセットするタスクを選択します。

  2. このタスクを右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。

  3. コンテキスト メニューから [このタスクをリセット] を選択して、選択したフォルダーと後続のフォルダーのタスクをリセットします。

フォルダー内のすべてのタスクのリセット.  タスクをリセットするには、次の手順に従います。

  1. リセットするフォルダーを選択します。

  2. このフォルダーを右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。

  3. コンテキスト メニューから [タスクをリセット] を選択して、選択したフォルダーと後続のフォルダーのタスクをリセットします。