最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fipref を使用した fi オブジェクトの表示設定

fipref オブジェクトを使用して fi オブジェクトの表示に関する 3 つの要素、つまり、オブジェクトの値、ローカル fimath プロパティおよび numerictype プロパティを指定します。

たとえば、次のコードは、ローカル fimath オブジェクトをもつ fi オブジェクトの既定の fipref 表示を示します。

a = fi(pi, 'RoundingMethod', 'Floor', 'OverflowAction', 'Wrap')

a =
    3.1415

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 13

        RoundingMethod: Floor
        OverflowAction: Wrap
           ProductMode: FullPrecision
               SumMode: FullPrecision

ローカル fimath のない fi オブジェクトの場合、fipref の既定の表示は次のようになります。

a = fi(pi)
 
a =
 
    3.1416


          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 13

次に、fipref 表示プロパティを変更します。

P = fipref;
P.NumberDisplay = 'bin';
P.NumericTypeDisplay = 'short';
P.FimathDisplay = 'none'
 
P =
         NumberDisplay: 'bin'
    NumericTypeDisplay: 'short'
         FimathDisplay: 'none'
           LoggingMode: 'Off'
      DataTypeOverride: 'ForceOff'
a
 
a =
0110010010000111
      s16,13

fipref の既定の表示の詳細は、固定小数点データの表示を参照してください。