Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

丸めモード: 最も近い整数方向

Round は、最も近い表現可能な数値に丸めます。等距離の場合は、次のように丸めます。

  • 正の数値は、正の無限大方向の最も近い表現可能な数値に丸めます。

  • 負の数値は、負の無限大方向の最も近い表現可能な数値に丸めます。

その結果、

  • 小さな負のバイアスが負のサンプルにもたらされます。

  • 正と負の値が均一に分布されたサンプルにはバイアスは発生しません。

  • 小さな正のバイアスが正のサンプルにもたらされます。

MATLAB® ソフトウェアでは、関数 round を使用してこの種類の丸めを実行できます。次の図は、丸めモード Round を示しています。