ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

単精度の変換でサポートされる MATLAB 言語機能

単精度の変換でサポートされる MATLAB 言語機能

単精度の変換では次の MATLAB® 言語機能がサポートされています。

  • n 次元配列。

  • 行列演算 (行および列の削除を含む)。

  • 可変サイズ データ。比較プロットでは可変サイズ データはサポートされていません。

  • 添字 (コード生成における行列のインデックス操作に関する MATLAB との非互換性を参照)。

  • 複素数 (複素数データのコード生成を参照)。

  • 数値クラス (サポートされている変数の型を参照)。

  • プログラム コントロール ステートメント ifswitchforwhilebreak

  • 算術演算子、関係演算子および論理演算子。

  • ローカル関数。

  • グローバル変数。

  • 永続変数

  • 構造体。

  • 文字。

    単精度の変換では Unicode® 文字の完全なセットをサポートしていません。生成されたコードでは、文字は 8 ビットの精度に制限されています。多くの数学演算では 8 ビットより高い精度が必要とされます。MATLAB アルゴリズムを単精度に変換する場合は、文字を使用した算術処理を行わないことをお勧めします。

  • MATLAB クラス。単精度の変換では次がサポートされます。

    • クラス プロパティ

    • コンストラクター

    • メソッド

    • 特殊化

    クラスの継承またはパッケージはサポートしません。

  • 関数の呼び出し (コード生成における関数呼び出しの解決を参照)

単精度の変換でサポートされない MATLAB 言語機能

単精度の変換では次の機能はサポートされていません。

  • 無名関数

  • cell 配列

  • string スカラー

  • エントリポイント関数の入力または出力としての値クラスのオブジェクト

  • 関数ハンドル

  • Java®

  • 入れ子関数

  • 再帰

  • スパース行列

  • try/catch ステートメント

  • vararginvarargout、またはエントリポイント関数の定義よりも少ない入力引数または出力引数の生成