Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

固定小数点定数の桁落ちの検出

以下の例では、固定小数点定数の桁落ちを検出する方法を示します。

モデルを開くには、MATLAB® コマンド ラインで次を入力します。

cd(fullfile(docroot,'toolbox','fixpoint','examples'))
ex_fixed_point_constant_precision_loss

このモデルの Data Type Conversion ブロックでは次のようになります。

  • 入力勾配: SU = 1

  • 出力勾配: SY = 1.000001

  • 正味勾配: SU/SY = 1/1.000001

モデルを設定してシミュレーションを実行するには、以下の手順に従います。

  1. Inport ブロックに対して、[データ型]int16 に設定します。

  2. Data Type Conversion ブロックに対して、[出力データ型]fixdt(1,16,1.000001,0) に設定します。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[診断][型変換][桁落ちの検出] コンフィギュレーション パラメーターを [エラー] に設定します。

  4. Simulink® モデル ウィンドウの [シミュレーション] タブで、[実行] をクリックします。

モデルのシミュレーションを実行すると、正味勾配の量子化誤差が発生します。

Fixed-Point Designer™ ソフトウェアによって、正味量子化スケーリングにより桁落ちが発生したことを示すエラーが表示されます。このメッセージは次の情報を提供します。

  • 誤差が発生したブロック

  • 正味勾配の元の値

  • 正味勾配の量子化値

  • 正味勾配の値の誤差

関連するトピック