Main Content

set

quantizer オブジェクトのプロパティ値を設定または表示

概要

set(q, PropertyValue1, PropertyValue2,...)

set(q,s)

set(q,pn,pv)

set(q,'PropertyName1',PropertyValue1,'PropertyName2',
PropertyValue2,...)

q.PropertyName = Value

s = set(q)

説明

set(q, PropertyValue1, PropertyValue2,...)quantizer オブジェクト q のプロパティを設定します。2 つのプロパティ値が競合する場合、リストの後の値が設定されます。

set(q,s)s は構造体で、そのフィールド名はオブジェクトのプロパティです。この構造体に含まれる値で各フィールド名のプロパティを設定します。

set(q,pn,pv) は、文字列 pn の cell 配列に指定されている名前のプロパティを cell 配列 pv の対応する値に設定します。

set(q,'PropertyName1',PropertyValue1,'PropertyName2', PropertyValue2,...) は、複数のプロパティ値を単一のステートメントで設定します。

メモ

set の同じ呼び出しで、プロパティ名/値の文字列のペア、構造体、プロパティ名/値の cell 配列のペアを使用できます。

q.PropertyName = Value はドット表記を使用して、プロパティ PropertyNameValue に設定します。

set(q) は、quantizer オブジェクト q のすべてのプロパティが取りうる値を表示します。

s = set(q)quantizer オブジェクト q のプロパティが取りうる値を含む構造体を返します。

メモ:

関数 setquantizer オブジェクトに対して演算を行います。他のオブジェクトのプロパティ設定の詳細については、fifimathfipref、および numerictype オブジェクトのプロパティを参照してください。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考