Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sdec

fi オブジェクトの格納整数の符号付き 10 進数表現

構文

sdec(a)

説明

固定小数点数は以下のように表現することができます。

real-world value=2fraction length×stored integer

または、次も等価です。

real-world value=(slope×stored integer)+bias

格納整数は生の 2 進数の数で、2 進小数点はワードの右端にあると想定されています。

sdec(a)fi オブジェクト a の格納整数を符号付き 10 進数形式として返します。

以下のコードを入力するとします。

a = fi([-1 1],1,8,7);
sdec(a)

戻り値は次のようになります。

-128   127

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考

| | | |