Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Coder アプリのソフトウェアインザループ実行

ソフトウェアインザループ (SIL) 実行を使用し、元の MATLAB® 関数を基準にして生成された C/C++ コードの数値的動作を検証します。

  1. MATLAB Coder™ アプリを開くために、MATLAB ツールストリップの [アプリ] タブの [コード生成] の下で、アプリ アイコンをクリックします。

  2. プロジェクトを開くために、 をクリックして、[既存のプロジェクトを開く] をクリックします。プロジェクトを選択します。例: kalman_filter01.prj

  3. [コード生成] ページで、[生成] 矢印 をクリックします。

  4. [生成] ダイアログ ボックスで次を行います。

    1. [ビルド タイプ][スタティック ライブラリ] または [ダイナミック ライブラリ] に設定します。

    2. [出力ファイル名] フィールドで、既定値を使用します。例: kalman01

    3. [言語] を指定します。

    4. [コード生成のみ] チェック ボックスをオフにします。

    5. [ハードウェア ボード] フィールドで、既定値 ([MATLAB Host Computer]) を使用します。

    [ツールチェーン] 設定を指定する必要はありません。既定の設定で、MATLAB Coder アプリはインストールされているツールチェーンを検索します。

  5. C または C++ コードを生成するには、[生成] をクリックします。

  6. [コードの検証] をクリックします。

  7. [コマンド] フィールドで、test01_ui.m など、元の MATLAB 関数を呼び出すテスト ファイルを指定します。

  8. 必要に応じて、[SIL シミュレーションでソースレベル デバッグを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  9. SIL 実行を開始するには、[生成されたコードの実行] をクリックします。

    MATLAB Coder アプリは以下を行います。

    • codegen\lib\kalman01 など、スタンドアロン ライブラリを生成する。

    • codegen\lib\kalman01\sil など、SIL インターフェイス コードを生成する。

    • テスト ファイルを実行し、MATLAB 関数への呼び出しを、ライブラリ内で生成されたコードへの呼び出しと置き換える。

    • [テスト出力] タブに SIL 実行からのメッセージを表示する。

  10. SIL 実行からの結果が元の MATLAB 関数からの結果と一致することを検証します。

  11. SIL 実行プロセスを終了するには、[SIL 検証を停止] をクリックします。または、[テスト出力] タブで、[実行を終了するには] に続くリンクをクリックします。

メモ

Windows® オペレーティング システムで、Windows ファイアウォールが SIL または PIL の実行をブロックする可能性があります。[Windows セキュリティの重要な警告] ダイアログ ボックスを使用して実行を許可します。たとえば、Windows 7 で、[アクセスを許可する] をクリックします。

関連する例

詳細