Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

生成コードのプロファイリングの実行

コード実行プロファイリングを使用して、以下を行います。

  • 生成されたコードが、ターゲット ハードウェアでリアルタイムな配布のための実行時間に対する要件を満たしているかどうかを判別する。

  • 実行速度の向上が必要なコード セクションを特定する。

以下のタスクはコード実行プロファイリングを使用する一般的なワークフローを表しています。

  1. Simulink® モデルでアルゴリズムを設計し最適化します。

  2. コード実行プロファイリングのためにモデルを構成し、コードを生成します。

  3. 生成されたコードをターゲットで実行します。たとえば、次のようなことができます。

    • ソフトウェアインザループ (SIL) シミュレーションを開発用コンピューターで実行する。

    • プロセッサインザループ (PIL) シミュレーションをターゲット サポート パッケージまたはカスタム PIL ターゲットで実行する。

    • リアルタイム実行を Simulink Real-Time™ またはターゲット サポート パッケージで実行する。

  4. コード実行プロファイリングのプロットとレポートを使って実行速度を解析します。たとえば、アルゴリズム コードがリアルタイムに配布する実行時間の要件を満たしていることを確認します。

    • アルゴリズム コードが容易に要件を満たす場合、使用可能な処理能力を活用するようにアルゴリズムの改善を検討します。

    • コードをリアルタイムに実行できない場合は、実行時間を短縮する方法を探します。

      最も時間を要するタスクを特定します。これらのタスクで、機能と速度でトレードオフが可能かどうかを調べます。

      ターゲットがマルチコア プロセッサの場合、アルゴリズム コードの実行を使用可能なコアに分散します。

  5. 必要に応じて、モデルを微調整して手順 2 に戻ります。

Simulink 製品のコード実行プロファイリングに関する情報を見つけるには、次の表を使用します。

ターゲット 実行機能 プロファイリングの種類 関連製品 参照先
開発用コンピューター 同時実行用に構成されたモデル 実行時間 Simulink Coder™
開発用コンピューター ソフトウェアインザループ (SIL) 実行時間 Embedded Coder®
組み込みハードウェアまたは命令セット シミュレーター プロセッサインザループ (PIL) 実行時間 Embedded Coder
Simulink Real-Time リアルタイム実行実行時間 Simulink Coder, Simulink Real-Time

関連するトピック