Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

生成コードのキャリブレーションと信号の監視

ASAM MCD-1 XCP 通信チャネルを使用するエクスターナル モードのターゲット アプリケーションを作成する場合、Simulink® Coder™ 汎用測定/キャリブレーション プロトコル (XCP) スレーブ構成を記述する ASAP2 ファイルも生成できます。この記述により、ETAS® INCA および Vector CANape® などのサードパーティ製のキャリブレーション ツールは、エクスターナル モードのターゲット アプリケーションに接続できます。サードパーティ製のツールを使用して、車両、テスト ベンチまたは PC 上の仮想環境などのサードパーティ製ツールによってサポートされる環境で生成コードのキャリブレーションを実行し、信号を監視できます。

XCP スレーブ構成を記述する ASAP2 ファイルを生成するようにモデルを構成します。

  1. [アプリ] タブで [カスタム ハードウェア上で実行] をクリックします。これにより [ハードウェア] タブが表示されます。

  2. [ハードウェア] セクションの [システム ターゲット ファイルの説明] フィールドで [Embedded Coder (ert.tlc)] を選択します。

  3. [準備] セクションで [ハードウェア設定] をクリックします。これにより [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. [コード生成のみ] をオフにします。

  5. [ツールチェーン設定] を開発用コンピューターに合わせて指定します。

  6. [エクスターナル モード] を選択します。

  7. [トランスポート層][XCP on TCP/IP] または [XCP on Serial] に設定します。

  8. [MEX ファイルの引数] には必要な引数を指定します。以下に例を示します。

    • [XCP on TCP/IP] にはターゲット プロセッサの IP アドレスおよび TCP/IP サーバーのポート番号を指定します。

    • [XCP on Serial] にはシリアル ポート ID とボー値を指定します。

  9. [OK] をクリックします。

ターゲット アプリケーションと ASAP2 ファイルを生成するには、次のようにします。

  1. [ハードウェア] タブの [ハードウェアで実行] セクションで [監視および調整] をクリックします。

  2. [ステップ単位のコマンド] の下で [監視用のビルド] をクリックします。

  3. [キャリブレーション ファイルの生成] ツールを使用して ASAP2 ファイルを生成します。または、次のコマンドを使用してファイルを生成します。

    coder.asap2.export('modelName','MapFile','symbolFileName');

  4. コード生成フォルダーに、ビルド プロセスによって XCP エクスターナル モードのターゲット アプリケーション modelName.exe が生成され、[キャリブレーション ファイルの生成] ツールによって ASAP2 ファイル modelName.a2l が生成されます。ASAP2 ファイルには Simulink Coder XCP スレーブ構成を記述する IF_DATA XCP ブロックが含まれています。

    …
    /begin IF_DATA XCP      
      /begin PROTOCOL_LAYER
      …  
      /end PROTOCOL_LAYER
      …
      /begin XCP_ON_TCP_IP
      …
      /end XCP_ON_TCP_IP
    /end IF_DATA
    …

ASAP2 ファイルをサードパーティ製のツールにインポートし、エクスターナル モードのアプリケーションをターゲット ハードウェアで手動で実行します。XCP を通してサードパーティ製のツールをターゲット アプリケーションに接続します。その後、そのツールを使用してデータ収集と生成コードのキャリブレーションを実行します。

参考

関連するトピック