Main Content

target.Function クラス

パッケージ: target

関数シグネチャの情報を提供

説明

target.Data から機能を継承する target.Function クラスを使用して、関数シグネチャの情報を提供します。

target.Function オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

関連付けられている関数が返す値のデータ型。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

関数の名前。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

すべて折りたたむ

target.Function クラスを使用して、タイマーの関数シグネチャを作成します。

データ型 uint64 と関数名 timestamp_x86 を返す関数のシグネチャを作成します。

timerSignature = target.create('Function');
timerSignature.Name = 'timestamp_x86';
timerSignature.ReturnType = 'uint64';

バージョン履歴

R2020b で導入