Main Content

target.ExecutionService クラス

パッケージ: target

ターゲット アプリケーションに関する実行サービスの実装を記述する

説明

target.ApplicationExecutionTool を継承する target.ExecutionService クラスを使用して、ターゲット コンピューターでアプリケーションを実行するための実行サービスの実装を記述します。この実装では MATLAB® コードを使用します。

target.ExecutionService オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

ターゲット アプリケーション実行サービスの名前。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

MATLAB データ モデル サービスの実装を記述する target.APIImplementation オブジェクト。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

開発用コンピューターのオペレーティング システムに対する MathWorks® システム要件。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

Name プロパティの値。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

target.ExecutionService を使用したアプリケーション実行の記述

target.ExecutionService クラスを使用してデバッガー内でのアプリケーション実行を記述する例については、Use Debugger for PIL Target Connectivityを参照してください。

バージョン履歴

R2021a で導入