Main Content

リアルタイム モデル データ構造のエラー ステータス フィールドを削除

説明

エラー ステータスのログ作成または監視を行うかどうかを指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: オフ

オン

生成されるリアルタイム モデルのデータ構造体 rtModel からエラー ステータス フィールドを省略します。このオプションにより、メモリ使用量が削減されます。

このオプションを選択すると、コード ジェネレーターで生成コードからデータ構造体 rtModel が省略されることに注意してください。

オフ

生成されるリアルタイム モデルのデータ構造体 rtModel にエラー ステータス フィールドを含めます。用意されているマクロを使用して、フィールドのエラー メッセージ データを監視したり、エラー メッセージ データを設定したりできます。

依存関係

  • このパラメーターは ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

  • このパラメーターには、コード生成時に Embedded Coder® のライセンスが必要です。

  • このパラメーターを選択すると、[サポート: 連続時間] パラメーターはオフになります。

  • アプリケーションに複数の統合モデルが含まれる場合は、アプリケーションの予期しない動作を回避するために、このパラメーターの設定をすべてのモデルで同じにしなければなりません。たとえば 1 つのモデルでこのオプションを選択して別のモデルで選択しない場合、統合アプリケーションでエラー ステータスを登録できない可能性があります。

コマンド ライン情報

パラメーター: SuppressErrorStatus
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティ影響なし
効率性オン
安全対策

推奨なし

関連するトピック