Main Content

coder.dictionary.Section クラス

名前空間: coder.dictionary

Embedded Coder ディクショナリのセクションの構成

R2019b 以降

説明

coder.dictionary.Section クラスのオブジェクトは、ストレージ クラスやデータ送信側サービスなど、Embedded Coder ディクショナリの 1 つのセクションを表します。このオブジェクトで、エントリの追加や削除など、セクションに対する操作を実行できます。

coder.Dictionary オブジェクトには coder.dictionary.Section オブジェクトが含まれています。これは、Embedded Coder ディクショナリのカテゴリを表します。coder.dictionary.Section オブジェクトには coder.dictionary.Entry オブジェクトが含まれています。これは、Embedded Coder ディクショナリのそのセクションに格納されている定義を表します。セクションの名前は、セクションに格納されているコード定義の種類を識別します。Embedded Coder ディクショナリのセクションにアクセスするには、coder.Dictionary オブジェクトを使用します。セクション内のディクショナリ エントリにアクセスするには、coder.dictionary.Section オブジェクトを使用します。

作成

coder.dictionary.Section オブジェクトは関数 getSection で作成されます。

プロパティ

すべて展開する

この プロパティ は読み取り専用です。

Embedded Coder® ディクショナリのセクションの名前。文字ベクトルとして格納されます。このプロパティは読み取り専用です。ディクショナリのセクションは、ディクショナリのコード インターフェイス構成のタイプによって異なります。

サービス インターフェイス構成には次のセクションが含まれます。

  • 'InitTermFunctions'

  • 'PeriodicAperiodicFunctions'

  • 'DataReceiverInterfaces'

  • 'DataSenderInterfaces'

  • 'DataTransferInterfaces'

  • 'TimerInterfaces'

  • 'ParameterTuningInterfaces'

  • 'ParameterArgumentTuningInterfaces'

  • 'MeasurementInterfaces'

  • 'SubcomponentInitTermFunctions'

  • 'SubcomponentPeriodicAperiodicFunctions'

  • 'SharedUtilityFunctions'

  • 'InternalData'

  • 'Constants'

  • 'StorageClasses'

  • 'DataMemorySections'

  • 'FunctionMemorySections'

データ インターフェイス構成には次のセクションが含まれます。

  • 'StorageClasses'

  • 'MemorySections'

  • 'FunctionCustomizationTemplates'

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

モデル RollAxisAutopilot を開き、coder.Dictionary オブジェクト coderDictionary を使用して Embedded Coder ディクショナリを表します。

openExample("RollAxisAutopilot")
coderDictionary = coder.dictionary.open("RollAxisAutopilot");

Embedded Coder ディクショナリの [メモリ セクション] セクションを表す coder.dictionary.Section オブジェクトを作成します。

memorySectionsSect = getSection(coderDictionary, "MemorySections")
memorySectionsSect = 

  Section with properties:

    Name: 'MemorySections'

このセクションには、それぞれが組み込みのメモリ セクションの定義を表す coder.dictionary.Entry オブジェクトが格納されています。

バージョン履歴

R2019b で導入

すべて展開する