Main Content

addEntry

コード置換テーブルに登録されているテーブル エントリのコレクションにテーブル エントリを追加

説明

addEntry(hTable,entry) は、コード置換テーブルに登録されているテーブル エントリのコレクションに作成した関数エントリまたは演算子エントリを追加します。

すべて折りたたむ

この例では、関数 addEntry を使用して、演算子エントリを作成した後にコード置換テーブルに追加する方法を示します。

hLib = RTW.TflTable;

% Create an entry for addition of built-in uint8 data type
op_entry = RTW.TflCOperationEntry;
op_entry.setTflCOperationEntryParameters( ...
    'Key',                      'RTW_OP_ADD', ...
    'Priority',                 90, ...
    'SaturationMode',           'RTW_SATURATE_ON_OVERFLOW', ...
    'RoundingModes',            {'RTW_ROUND_UNSPECIFIED'}, ...
    'ImplementationName',       'u8_add_u8_u8', ...
    'ImplementationHeaderFile', 'u8_add_u8_u8.h', ...
    'ImplementationSourceFile', 'u8_add_u8_u8.c' );

arg = hLib.getTflArgFromString('y1','uint8');
arg.IOType = 'RTW_IO_OUTPUT';
op_entry.addConceptualArg( arg );

arg = hLib.getTflArgFromString('u1','uint8');
op_entry.addConceptualArg( arg );

arg = hLib.getTflArgFromString('u2','uint8');
op_entry.addConceptualArg( arg );

op_entry.copyConceptualArgsToImplementation();

addEntry(hLib, op_entry);

入力引数

すべて折りたたむ

hTable は、事前に hTable = RTW.TflTable で返されたコード置換テーブルのハンドルです。

例: hLib

entry は、hEntry = RTW.TflCFunctionEntry または hEntry = RTW.TflCOperationEntry を呼び出した後に作成した関数エントリまたは演算子エントリのハンドルです。

例: op_entry

バージョン履歴

R2007b で導入