Main Content

iirnotch

二次型 IIR ノッチ フィルター

説明

[num,den] = iirnotch(w0,bw) は、ノッチが w0 にあり -3 dB ポイントの帯域幅が bw に設定されたデジタル ノッチ フィルターの、分子係数 num と分母係数 den を返します。フィルターを設計するには、w0 が条件 0.0 < w0 < 1.0 を満たさなければなりません。ここで、1.0 は周波数範囲の π ラジアン/サンプルに相当します。

フィルターの品質係数 (Q 係数) q とフィルターの帯域幅の関係は q = w0/bw となります。ここで w0 はノッチ周波数です。

[num,den] = iirnotch(w0,bw,ab) は、帯域幅 bw が –ab デシベルのレベルで指定されたデジタル ノッチ フィルターを返します。

すべて折りたたむ

60 Hz トーン (f0) を 300 Hz (fs) の信号から削除する IIR ノッチ フィルターを設計してプロットします。この例では、フィルターの Q 係数を 35 に設定し、それを使ってフィルターの帯域幅を指定します。

wo = 60/(300/2);  
bw = wo/35;
[b,a] = iirnotch(wo,bw);

このノッチ フィルターの目的の帯域幅では、60 Hz (0.4π ラジアン/サンプル) にノッチがあります。このプロットを iircomb について示されている櫛形フィルターのプロットと比較します。

fvtool(b,a)

Figure Magnitude Response (dB) contains an axes object. The axes object with title Magnitude Response (dB) contains an object of type line.

入力引数

すべて折りたたむ

ノッチ周波数。(0.0, 1.0) の範囲にある正のスカラーを指定します。1.0 は、周波数範囲の π ラジアン/サンプルに対応します。

データ型: single | double

-3 dB ポイントの帯域幅。(0.0, 1.0) の範囲にある正のスカラーを指定します。

フィルターの品質係数 (Q 係数) q とフィルターの帯域幅の関係は q = w0/bw となります。ここで w0 はノッチ周波数です。

データ型: single | double

フィルターの帯域幅が bw になるカスタム デシベル レベル -ab。オプションの入力引数 ab を含めると、既定の -3 dB ポイント以外 (-6 dB や 0 dB など) のレベルで振幅応答の帯域幅を指定できます。ab を指定しない場合の既定の帯域幅は、-3 dB (10log10(1/2)) です。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

設計したノッチ フィルターの分子係数。行ベクトルとして返されます。

データ型: double

設計したノッチ フィルターの分母係数。行ベクトルとして返されます。

データ型: double

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2011a で導入