Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

cascade

フィルター System object のカスケード

説明

FC = cascade(obj1,obj2,...objn) は、dsp.FilterCascade 型のオブジェクト FC を返します。FC は、入力 System object obj1obj2....objn のカスケード接続されたバージョンです。複数の System object を関数に入力できます。入力 System object は、cascade メソッドでサポートされていなければなりません。サポートされる System object の一覧については、入力引数を参照してください。

すべて折りたたむ

dsp.CICDecimator および dsp.CICCompensationDecimator System object をカスケード接続することで、2 段階間引きを設計します。

オブジェクトの構築

CICDecim = dsp.CICDecimator('DecimationFactor', 6, ...
                            'NumSections', 6);
fs = 16e3;     % Sampling frequency of input of compensation decimator
fPass = 4e3;   % Passband frequency
fStop = 4.5e3; % Stopband frequency
CICCompDecim = dsp.CICCompensationDecimator(CICDecim, ...
                              'DecimationFactor', 2, ...
                              'PassbandFrequency', fPass, ...
                              'StopbandFrequency', fStop, ...
                              'SampleRate', fs);

cascade メソッドを使用した、2 つのオブジェクトのカスケードの作成

 FC = cascade(CICDecim, CICCompDecim);

カスケードの周波数応答の可視化

 f = fvtool(CICDecim, CICCompDecim, FC, 'Fs', [fs*6, fs, fs*6],...
        'Arithmetic', 'fixed');
 set(f, 'NormalizeMagnitudeto1', 'on');
 legend(f,'CIC Decimator','CIC Compensation Decimator', ...
             'Overall Response');

Figure Magnitude Response (dB) contains an axes object. The axes object with title Magnitude Response (dB) contains 6 objects of type line. These objects represent CIC Decimator: Quantized, CIC Decimator: Reference, CIC Compensation Decimator: Quantized, CIC Compensation Decimator: Reference, Overall Response: Quantized, Overall Response: Reference.

入力引数

すべて折りたたむ

obj1obj2....objn は、カスケード接続するフィルターです。cascade メソッドに渡すことのできる System object の一覧を表示するには、次を入力します。

dsp.FilterCascade.helpSupportedSystemObjects
入力は MATLAB® コマンド プロンプトで行います。

出力引数

すべて折りたたむ

カスケード接続されたフィルター。dsp.FilterCascade 型の System object として返されます。各段階におけるフィルターのプロパティについては、MATLAB コマンド プロンプトに「info(FC)」と入力します。

バージョン履歴

R2016a で導入