最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

適応フィルターの収束

この例では、さまざまな適応フィルター処理アルゴリズムで使用される収束パスを示します。プロットは、w1 と w2 が適応フィルターの重みとなる形式 (w1,w2) の一連の点です。図の青い点は、誤差曲面の等高線を示します。[ツール] メニューの [ズーム イン] を選択してグラフを拡大すると、収束パスのプロパティを表示できます。

この例では、さまざまなアルゴリズムの収束速度は表していません。適応フィルターにさまざまなステップサイズ値を試して、収束パスの変化を確認することができます。

適応フィルターは個別に有効または無効にすることができます。

  • LMS - 最小平均二乗アルゴリズム

  • NLMS - 正規化 LMS アルゴリズム

  • SELMS - 符号-誤差 LMS アルゴリズム

  • SSLMS - 符号-符号 LMS アルゴリズム