Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

plotfit

関数近似のプロット

構文

plotfit(net,inputs,targets)
plotfit(net,inputs1,targets1,name1,inputs2,targets2,name2,...)
plotfit(...,'outputIndex',outputIndex)

説明

plotfit(net,inputs,targets) は、入力 inputs の範囲全体でネットワークの出力関数をプロットし、inputs の値に対応させて targets と出力データ点もプロットします。誤差範囲は出力と targets の差を示します。

プロットは、入力が 1 つのネットワークについてのみ表示されます。

ネットワークに複数の出力がある場合は、最初の出力とターゲットのみが表示されます。

plotfit(net,inputs1,targets1,name1,inputs2,targets2,name2,...) は複数のデータセットをプロットします。

plotfit(...,'outputIndex',outputIndex) は、出力要素の既定のインデックスをオーバーライドするオプションのパラメーターを使用してプロットします。

出力値およびターゲット値のプロット

この例では、フィードフォワード ネットワークを使用して簡単な近似問題を解く方法を説明します。

[x,t] = simplefit_dataset;
net = feedforwardnet(10);
net = train(net,x,t);
plotfit(net,x,t)

Figure Fit (plotfit) contains 2 axes. Axes 1 with title Function Fit for Output Element 1 contains 4 objects of type line. These objects represent Errors, Fit, Targets, Outputs. Axes 2 contains 3 objects of type line. This object represents Targets - Outputs.

R2008a で導入